RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

RSウイルス感染症とシナジストップページ

RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス性疾患です。
小児、特に乳幼児が罹患すると重篤な細気管支炎や肺炎を
発症するため注意が必要な疾患です。

 

 

 

 

RSウイルスに対しては、シナジスという抵抗力を高める注射が
ありますが、シナジス投与が保険適応となるのは、
早産児や心疾患・肺疾患をもつ小児に限られます。

 

 

シナジス注射は価格が非常に高額であり、
保険適応でない場合に投与するのは現実的ではありません。

 

 

しかし、保険適応とならない乳児であっても、
罹患すると重篤な症状を呈することもあり、
シナジス投与の適応や価格の問題が今後の課題と言えます。

 

 

RSウイルス感染症に限らず、全てのウイルス感染症は予防が
一番大切です。RSウイルスで問題となる乳児の場合は、
児本人は手洗い・うがいなどの予防をすることはできませんので、
周囲の人間の手洗い・うがい、またウイルスへの暴露を避けると
いった注意が必要となります。

 

 


日本の音楽