RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

RSウイルス感染症は乳幼児も高齢者も注意が必要

RSウイルス感染症は、
おもに冬季に流行するウイルス性疾患ですが、
免疫能の低い乳幼児においては、
細気管支炎や肺炎といった重篤な呼吸器症状を
呈することがあります。

 

 

また、これはRSウイルスだけに限ったことでは
ありませんが、免疫能の低下している高齢者も
RSウイルス感染症には注意が必要です。

 

 

 

 

RSウイルスに対しては、抗ウイルス薬というものが
ありませんので、基本的には対症療法・・・
つまり症状に合わせた治療を行い、
症状を緩和させながら自然治癒するのを待つ、
というスタンスになります。

 

 

基礎体力ならびに免疫能の低下している高齢者
にとっては、RSウイルス感染症も重篤化する
危険性があり、感染予防対策が重要となります。

 

 

RSウイルス感染症は乳幼児も高齢者も注意が必要関連エントリー

RSウイルス感染症の症状と経過
RSウイルス感染症はどのような症状が出現し、どのような経過をたどるのでしょうか?RSウイルス感染対策としてシナジス注射が有効で重篤な症状に至るのを防いでくれます。
RSウイルス感染症と細気管支炎
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルスは喘息の原因となるのか?
RSウイルス感染症は早産児において重篤化しやすいと言われており、さらにはその後の気管支喘息発症との関連も疑われています。シナジス注射がRSウイルス予防に有効です。
新生児や乳児に陥没呼吸・多呼吸の症状が認められたら
新生児や乳児に陥没呼吸・多呼吸の症状が認められたら、RSウイルス感染症が疑われます。
RSウイルス感染症と新生児の無呼吸発作
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルス感染症と乳幼児の突然死
呼吸器疾患が主症状のRSウイルス感染症ですが、RSウイルスと突然死は深く関連があります。
RSウイルス感染症は乳幼児も高齢者も注意が必要
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが乳幼児だけでなく、高齢者も注意が必要です。

日本の音楽