RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

RSウイルス感染症の治療個別ページ一覧

RSウイルス感染症の治療
RSウイルス感染症の治療方針はその時々に出現している症状に合わせて治療していくことになります。RSウイルス感染症の特徴的病像である細気管支炎や、気管支炎・肺炎などの場合には、・気道分泌物の除去(吸引や去痰剤の使用)・脱水防止のための輸液(脱水状態では痰の粘稠度が増し、痰の排出が困難となり            気道閉塞のリスクが高まります)・呼吸困難を緩和させる体位・痰の排出を促す胸部のタッピイング・加湿・酸素投与・気管支拡張作用を有するβ刺激剤の吸入を行います。その他に二次的な細菌感染予防や、...

日本の音楽