RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

RSウイルス感染症の予防〜シナジス注射

RSウイルス感染症は乳幼児に呼吸器感染症を引き起こすウイルス感染症であり、
罹患した場合には細気管支炎や肺炎などの重篤な症状が現れるため、
非常に注意が必要なウイルス感染症です。

 

 

RSウイルス感染症に限らず、すべての感染症は、
「まず罹らないようにすること」すなわち予防が最も大切なことになるわけですが、
RSウイルス感染症で問題になる乳児・幼児・または生まれたばかりの赤ちゃんは
自分では予防をすることはできません。

 

 

手洗い・うがいといった予防も周囲の人が積極的に行うことは出来ても、
赤ちゃんや乳児自身が手洗い・うがいをすることはできません。

 

 

しかし、このRSウイルス感染症については、
シナジス」という有効な注射薬があります。

 

 

シナジスは遺伝子組み換え技術により作られたRSウイルスに対する
モノクローナル抗体です。モノクローナル抗体とは人間が本来持っている
免疫システムを薬に応用したもので、一つの抗原(ウイルス)を標的に
して作用します。シナジスRSウイルスを標的とする抗体で、RSウイルスが
体内で増殖するのを抑制する作用を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルス感染症とシナジス注射関連エントリー

RSウイルス感染症とシナジス注射
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジスの投与方法と投与スケジュール
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス注射と予防接種
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与が必要となる赤ちゃん
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与の保険適応とシナジス投与にかかる費用
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジスはRSウイルス感染に対する予防注射
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与は早産児だけが適応で良いのか?
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルス感染症は正期産児も要注意!
RSウイルス感染症に対するシナジス注射の保険適応外となっている正期産児。しかし、実際にはRSウイルス感染症を発症するリスクは、シナジス注射を受けている早産児よりも、シナジス注射を受けていない正期産児のほうが高いのです。
RSウイルス感染症に対するシナジス注射の薬剤コスト
RSウイルス感染症に対してのシナジス注射。実は多くの問題を抱えています。そのひとつが、小児科外来診療所でのシナジス注射における薬剤コストの問題です。

日本の音楽