RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

シナジス注射と予防接種

シナジス注射は他の予防接種(BCG、3種混合ワクチン、麻疹風疹ワクチンなど)
のように、1回(〜数回)接種したらそれで良いというものではありません。

 

 

シナジスRSウイルスに対する抗体産生を促すものではなく、
RSウイルスに抵抗力を発揮する抗体を体に入れてやる、
といったものです。

 

 

その抗体がなくなれば、当然RSウイルスに対する抵抗力もなくなります。
シナジスの効果は約1か月持続すると言われ、そのためシナジス注射は
1か月に1回行う必要があります。

 

 

この際、よく質問されるのが、他の予防接種とは一緒に受けても良いのか?
他の予防接種のように数週間とか1か月、接種間隔を設けなければならないのか?
ということです。

 

 

結論から言うと、シナジスは他の予防接種と同時に受けることが可能です。
3種混合ワクチンを受ける時に、一緒にシナジス注射をしても構いませんし、
先週、3種混合ワクチンをやったから今週はシナジスをうつことができない、
ということはありません。シナジス投与は他の予防接種とは独立して
考えてもらって構いません。

 

 

他のワクチンとの併用により副作用の発生率が上昇するという報告は
ありませんので、他のワクチンの投与スケジュールに関わらず、
シナジス接種を行って問題ありません。

 

 

シナジス注射と予防接種関連エントリー

RSウイルス感染症とシナジス注射
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジスの投与方法と投与スケジュール
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス注射と予防接種
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与が必要となる赤ちゃん
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与の保険適応とシナジス投与にかかる費用
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジスはRSウイルス感染に対する予防注射
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与は早産児だけが適応で良いのか?
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルス感染症は正期産児も要注意!
RSウイルス感染症に対するシナジス注射の保険適応外となっている正期産児。しかし、実際にはRSウイルス感染症を発症するリスクは、シナジス注射を受けている早産児よりも、シナジス注射を受けていない正期産児のほうが高いのです。
RSウイルス感染症に対するシナジス注射の薬剤コスト
RSウイルス感染症に対してのシナジス注射。実は多くの問題を抱えています。そのひとつが、小児科外来診療所でのシナジス注射における薬剤コストの問題です。

日本の音楽