RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

シナジス投与が必要となる赤ちゃん

RSウイルス感染症の重症化を防ぐ有効な手段であるシナジスですが、
シナジス投与はどのような赤ちゃんに行われるのでしょうか?

 

 

RSウイルス感染症は早産児や心臓や肺に基礎疾患を有する赤ちゃんが
罹患した場合に重症化するリスクが高いことが分かっており、このような
赤ちゃんがシナジス投与の対象となります。

 

 

●早産児

 

・在胎週数(お母さんのお腹の中にいた期間)が28週以下で、
RSウイルス流行開始時に12か月齢以下の赤ちゃん

 

・在胎週数が29〜35週で、RSウイルス流行開始時に
6か月齢以下の赤ちゃん

 

●慢性肺疾患を持つ小児

 

・過去6か月以内に気管支肺異形成症などの呼吸器疾患の治療を
受けたことがあり、RSウイルス流行開始時に24か月齢以下の小児

 

●先天性心疾患を持つ小児

 

RSウイルス流行開始時に24か月齢以下の先天性心疾患児で、
血行動態に異常がある小児

 

 

RSウイルスは2歳までにほぼ100%の小児が罹患すると
言われています。2歳=24か月齢までは、RSウイルス感染による
重症化のリスク対策としてシナジス投与が必要だ、ということでしょう。

 

 

ここでひとつ注意点があります。

 

 

上記の適応に当てはまるお子さんがシナジス投与を受ける場合、
保険適応になりますが、上記に当てはまらないお子さんに対して
シナジス投与を行う場合は保険が適応となりません。

 

 

実はここが非常に問題点でもあるので別記事にて解説します。

 

 

シナジス投与の保険適応とシナジス投与にかかる費用

 

 

シナジス投与が必要となる赤ちゃん関連エントリー

RSウイルス感染症とシナジス注射
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジスの投与方法と投与スケジュール
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス注射と予防接種
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与が必要となる赤ちゃん
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与の保険適応とシナジス投与にかかる費用
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジスはRSウイルス感染に対する予防注射
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与は早産児だけが適応で良いのか?
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルス感染症は正期産児も要注意!
RSウイルス感染症に対するシナジス注射の保険適応外となっている正期産児。しかし、実際にはRSウイルス感染症を発症するリスクは、シナジス注射を受けている早産児よりも、シナジス注射を受けていない正期産児のほうが高いのです。
RSウイルス感染症に対するシナジス注射の薬剤コスト
RSウイルス感染症に対してのシナジス注射。実は多くの問題を抱えています。そのひとつが、小児科外来診療所でのシナジス注射における薬剤コストの問題です。

日本の音楽