RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

RSウイルス感染症及びシナジス関連ニュース個別ページ一覧

RSウイルス感染症関連ニュース
記事作成日:2010年12月8日今年もRSウイルスの流行する時期となりました。冬場、新生児や乳児に風邪症状がみられたら注意が必要です。軽症で済むケースも多いですが、早産児は重症化のリスクが高いですから要注意です。上に小さな兄弟がいる場合は、そのお子さんが感染源となります。周囲の人の手洗い・うがいが重要です。RSウイルス感染症は、早産児では重篤な気管支炎(細気管支炎)や肺炎を発症することがあります。シナジス投与を適切に受け、重症化を防ぎましょう。
シナジス投与の適応となる在胎34週の赤ちゃんが出生
記事作成日:2011年3月2日今日は在胎34週の赤ちゃんが出生しました。切迫早産で、経膣分娩で出生したわけですが、幸い呼吸障害は軽度で、器内酸素投与のみで経過をみれそうな感じです。この赤ちゃんは在胎34週3日、出生体重は1900グラムちょっとでしたが、退院は経過が順調であれば修正38週前後になります。退院時期については各施設で方針が異なるでしょうが、当院では体重が毎日増えていること、呼吸状態に問題がないこと、を確認できていれば、たとえ体重が2000グラム前後で小さくても退院させています。退院後1...
RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎流行がニュースに
今日は2012年10月9日、火曜日です。札幌はだいぶ気温が下がってきましたが、関東方面はまだまだそれなりに温かいのではないでしょうか?さて、今日の夕方のニュース番組で、RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎が流行している、と取り上げられていました。RSウイルス感染症については、例年よりも流行が早い段階で訪れているようです。このサイトをご覧の方は既にご存じかとは思いますが、RSウイルス感染症は、乳幼児において重篤な気管支炎・肺炎をきたすことのあるウイルス感染症です。これらの小児にとっては、インフル...

日本の音楽