RSウイルス感染症と乳児の細気管支炎・シナジス注射

シナジス投与の適応となる在胎34週の赤ちゃんが出生

記事作成日:2011年3月2日

 

 

今日は在胎34週の赤ちゃんが出生しました。
切迫早産で、経膣分娩で出生したわけですが、
幸い呼吸障害は軽度で、器内酸素投与のみで経過をみれそうな感じです。

 

 

この赤ちゃんは在胎34週3日、出生体重は1900グラムちょっとでしたが、
退院は経過が順調であれば修正38週前後になります。
退院時期については各施設で方針が異なるでしょうが、
当院では体重が毎日増えていること、呼吸状態に問題がないこと、
を確認できていれば、たとえ体重が2000グラム前後で小さくても
退院させています。

 

 

退院後1週間後ぐらいに、体重などのチェックのために外来を
受診してもらうことにしてはいますが。

 

 

今回のような34週で出生した児は、
RSウイルスによる重篤な下気道疾患発症抑制の目的で、
シナジス投与が適応となります。

 

 

シナジスは体重でうつ量が決定されます。

 

 

15mg/kgを筋注することになりますが、
体重が大きくなるとその分うつ量も増えることになり、
太もも2か所に注射、というケースも出てきます。
(というかほぼそうなりますが・・)

 

 

シナジスは非常に高価な薬剤で、
最小単位の50mgの製剤でも8万弱します。

 

 

ですが、RSウイルスは乳幼児、特に早産で生まれた赤ちゃんにとっては
非常に怖い疾患ですので、適応になる新生児については、
必ず親に説明し受けてもらうようしています。

 

 

シナジス投与の適応となる在胎34週の赤ちゃんが出生関連エントリー

RSウイルス感染症関連ニュース
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与の適応となる在胎34週の赤ちゃんが出生
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎流行がニュースに
今日のニュース番組にRSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎が流行している、と出ていましたね。RSウイルス感染症は例年よりも早い段階での流行が認められているようです。

日本の音楽