RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎流行がニュースに

RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎流行がニュースに

今日は2012年10月9日、火曜日です。
札幌はだいぶ気温が下がってきましたが、
関東方面はまだまだそれなりに温かいのでは
ないでしょうか?

 

 

さて、今日の夕方のニュース番組で、
RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎が流行している、
と取り上げられていました。

 

 

RSウイルス感染症については、
例年よりも流行が早い段階で訪れているようです。

 

 

このサイトをご覧の方は既にご存じかとは
思いますが、RSウイルス感染症は、
乳幼児において重篤な気管支炎・肺炎をきたすことのある
ウイルス感染症です。

 

 

これらの小児にとっては、
インフルエンザウイルスよりも恐いウイルスである、
と考えられています。

 

 

例年、寒い時期になると流行が認められます。

 

 

そのための予防対策として、
RSウイルス感染症が重篤化しやすいリスクのある、
早産児や心疾患を持った児に対しては、
シナジス=パリビズマブの注射が
保険適応となっています。

 

 

このシナジスは非常に高価な薬ゆえ、
保険適応となる対象児以外の児については、
現実的には接種不可能なのですが、
(何万、何十万と払えるなら別)
実際にRSウイルス感染症に罹患して
入院に至る症例は、
シナジス注射を受けていない
正期産児が多い、というのが事実としてあります。

 

 

有効な予防策があるにもかかわらず、
金銭的な問題によりそれを受けられず、
重篤化し入院生活を余儀なくされる、
そんな症例が確実に存在している・・・

 

 

ここが今後の大きな課題と言われています。

 

 

記事作成日:2012年10月9日

 

 

RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎流行がニュースに関連エントリー

RSウイルス感染症関連ニュース
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
シナジス投与の適応となる在胎34週の赤ちゃんが出生
RSウイルス感染症は主に冬季に流行するウイルス疾患ですが、乳児とくに早産児が罹患すると重篤な細気管支炎を発症します。RSウイルス感染対策としてシナジス注射があります。
RSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎流行がニュースに
今日のニュース番組にRSウイルス感染症とマイコプラズマ肺炎が流行している、と出ていましたね。RSウイルス感染症は例年よりも早い段階での流行が認められているようです。

日本の音楽